嘘だらけのEMSに関するネット情報に騙されないで!

 

 

自宅で簡単にシックスパッド引き締まった腹筋を手に入れられるEMS(低周波マシン)が通信販売などでよく売られていますが、、、

 

じつは、これらの商品は科学的にはほとんど効果が認められていないので、安易に買わないほうがよいです(^◇^;)/

 

ネット上には『自宅で誰でも簡単に、、、』『効果がありました!』などと勧めているブログなどをよく目にすると思いますが、それらは全て広告収入のためであり、言わば ’’さくら’’ なので騙されないでくださいね(^_^;)

 

もちろんアブズフィットでも腹筋は割れませんw

 

 

中でも有名なのは世界最高のサッカープレイヤーと評される C・ロナウド選手を起用して爆発的にヒットしたEMSがシックスパッド・アブズフィットというご存知の方も多い商品です。

 

ただ、たとえどんなにアブズフィットが売れていても、やはり効果がほとんどないことには変わりありませんw

 

 

事実、ロナウド選手は自らフィットネスジムを経営していて、ストイックなトレーニングと食事制限によってあのバキバキの体を作りました。

 

だからこそアブズフィットの広告塔になれたのであって、アブズフィットを使ってもロナウド選手のようにはなれません(^_^;)

 

日本の国民生活センターもEMSに対して注意喚起!

 

 

じつは日本の国民生活センターも2014年にEMSに関して注意喚起を行なっています。

電気刺激による筋肉増強をうたった商品の安全性 -EMSベルトの筋肉や皮膚への影響を調べる-

 

全文はかなり長く読むのが大変なのでその内容をまとめておきます( ´ ▽ ` )ノ

 

 

<要点まとめ> 〜日本国民生活センターのEMSに対する注意喚起〜

 

  • 危害を受ける可能性が高く、感覚的な個人差が大きいので取り扱いが非常に困難。
  • 商品の効果や耐久性に関して著しく誇大な表現が多く使われている。
  • やけど、かぶれ、傷跡などの症例が国内だけでも100以上毎年報告されている。

 

 

日本だけでなく欧米など世界的に皮膚障害が続出!

 

 

日本の国民生活センターのアメリカ版である米国食品医薬品局(FDA)の見解はさらにハッキリしていて、「市販のEMSの購入は控えた方がいい」と明言しています。

情報ソース:歪められた健康医療のエビデンスより 岡田和俊/新潟大学名誉教授

 

それもそのはず、アメリカでは日本よりも規制が緩いので、より電気負荷の強い商品が出回っていて、被害者の数も桁違いに多いようです(^◇^;)

 

そのため、同じように米国連邦取引委員会も、もうこれ以上被害者を増やさないために、手厳しい警告文を国民に向けて公表しました。

 

 

<要点まとめ> 〜米国連邦取引委員会の見解〜

 

  • 汗をかかずに痩せる方法はない
  • お腹やお尻の脂肪を取るには、ダイエットと運動しかない
  • 商品に登場するモデルに騙されないこと
  • 効果はあくまでも気持ち程度で確証のある科学的データは存在しない
  • 重大な傷跡が残る恐れもあるので使用は自己責任で慎重に

 

 

市販のEMSには致命的な問題点がいくつもある

出力が低く作用する範囲も狭い

 

市販のEMSの効果が期待できない最大の理由は、ほとんど知識のない一般消費者を想定した安全販売基準を満たすため出力が低く設定されているからです。

 

また、みなさん腹筋運動をされたらわかる通り、腹筋を使って上体を起こすには、同時に背中、脇腹など広範囲の筋肉を使っています。

 

市販のEMSでは作用範囲が狭すぎることも効果が期待できない要因の一つです。

 

電圧が不安定でやけどが起こりやすい

 

実際に国民生活センターが実証していますが、市販されているEMSのほとんどで電圧にバラツキが確認されています。

 

それを湾曲している腹部に装着するわけですから、密着度に差があったり、ジェルが一部にしかついていないと、一部分に電圧が集中してしまい瞬発的に100V近くになってしまう危険があるそうです。

 

これは家庭のコンセントに針金を突っ込むようなものなので火傷して当然です。

 

もちろんこれは稀な事例ですが、安心・安全を重視したい方は購入を避けるのが無難かもしれません。

 

明らかに性能が低い(極性が一定)

 

もう一つ市販のEMSには明らかな難点があります。それは一般に市販されているほぼ全てのEMSが極性が一定にしか働かないということです。

 

わかりやすく言うと、性能が低いので電気が一定方向にしか流れないということです。

 

本来、筋肉は伸びたり縮んだりを繰り返すこと(ダンベルを持ち上げたり降ろしたり)で鍛えられるので、明らかに不自然な負荷が筋肉にかかってしまうことになります。

 

EMSを使用した時の筋肉痛は筋肉繊維の修復ではなく、運動では起きない『不自然』な筋肉のダメージが伴っているのです。

 

以上、市販のEMS(低周波マシン)の真実についてでした( ´ ▽ ` )ノ

最後までご覧いただき有難うございました!

 

もしEMSを試したいならエステサロンに行くことをオススメします( ´ ▽ ` )

プロ仕様の本物はたった一度でもハッキリ効果を実感できます!

 

実際にダンディハウスで体験できる本格的なEMSマシンがこちらです↓


 

体験コースは絶対のオススメ!リーズナブルなのにこのクオリティ!

高級感とラグジュアリーな雰囲気を味わえるのはダンディハウス。

トリプルバーンZ

\\今すぐCLIC!//

『ダンディハウス』初回限定の体験コースをチェック!

【写真多数】ダンディハウスの体験ダイエットコースを徹底レポート!